確定申告について書いています

確定申告の申告漏れが分らない場合について

確定申告の申告漏れが分らない場合について

税金の手続きで必要になる確定申告ですが、この確定申告で申告漏れをしてしまうことが時々あります。

ではそのような申告漏れをするとバレてしまうのかというと、実はそういうことは起こりづらいです。

確定申告の手続は非常に多くの人がやるので、役所の方でも全てを把握するのは不可能です。

そのため申告に問題があったとしても簡単には分らないので、そのまま気づかれないケースも存在します。

ただ何らかのことが原因で急に相手が気づくこともありますから、役所が分らないからといって放っておくのはよくないです。

そもそもお金を稼いだことの情報は、色々な形で役所に伝えられます。

例えばアルバイトをすれば、そのお店から役所に自分が働いた金額の情報が送られます。

それ以外でもいろいろな形で情報が送られているので、自分が記載をしなければ気づかないだろうとは思わないほうがいいです。

また申告をしていないことが役所にバレた場合は、支払う税金が増える事にもなります。

手続きのやり方にもよりますが、悪意があって申告で不正をしていた場合は重い罪になります。

単純なミスならば許してくれることもありますけど、何らかの悪意があると色々な問題になりやすいです。

確定申告の申告漏れは少々のことならば相手に分からないことが多く、なんとかなってしまう場合もあります。

ただ役所に気づかれた時のリスクが大きいので、できればそういう問題は起こさないようにした方がいいです。

申告漏れの分らない気付かないの状況