確定申告をする意味と必要性、不明点があるときの問い合わせ先

確定申告をする意味と必要性、不明点があるときの問い合わせ先

確定申告をする意味と必要性、不明点があるときの問い合わせ先

会社員の場合、確定申告をしたことがない方がほとんどだと思います。

確定申告のシーズンになると、色々なメディアで告知されますが、確定申告の必要性を感じていない方が多いと思います。

それでは確定申告にはどのような意味があり、どのような方が必要性を感じるべきなのかご説明いたします。

まず給与以外に一定額以上の収入がある方は確定申告の必要があります。確定申告をしないと脱税になってしまうので気をつけてください。

また世帯で一年間に10万円以上の医療費がかかった場合、確定申告をすると一部還付されます。

必要性はありませんが、お金が一部戻るので申告を行う意味があると言えるでしょう。

住宅ローンを組んだ方も、最初の年は確定申告をする必要があります。

ただし、残高や住宅の種類によっては住宅ローン減税の対象にならない場合があるので、自分が当てはまるかどうか不明な場合は問い合わせてみてください。

確定申告の不明点は、各自治体の税務署に問い合わせてみると教えてくれます。