鑑定申告の知らない人が多い難しい用語

鑑定申告の知らない人が多い難しい用語

鑑定申告の知らない人が多い難しい用語

確定申告は前年度の所得税を精算して正しい税金を計算するために行いますが、会社に勤めている人で給与以外の所得がない人は年末調整だけで確定申告の必要はありません。

収入と所得はどう違うか知らない人が多いので、混同される難しい用語ですが、収入から決められた経費等の相当額を引いたものが所得になります。

確定申告しなくてはいけない人は、2か所以上から所得のある人、自営業の人、医療費控除がある人などですが、場合によっては転職や退職をした人なども必要になります。

確定申告のやり方は、所得の合計から色々な控除を引いて課税される額から所得税を決定し、給与等で源泉徴収連れている場合は、差額精算を行います。

控除もまた知らない人の多い難しい用語ですが、所得から引いて行くもので、扶養家族関係、保険料、被扶養者名義の保険料など、医療費、などがそうです。

これらを引いたあとの所得に、定められた所得税率を掛け、住宅取得控除などの控除を引いて所得税額が決定します。

源泉徴収税もまた知らない人の多い難しい用語ですが、

毎月の給与で徴収される所得税のことです。その年間合計額と上記で計算した所得税を比べて、精算を行います。